2011年10月30日

実務担当者研修会出席

10月29日白山甫水会館で校友会実務担当者研修会に参加してきた。
在学中「甫水会館」とはなんぞや?
と思っていたが、こないして利用するところなんやね。とわかった。
甫水会館の2回は、ほぼ教室みたいな感じの部屋だった。

朝、8時の飛行機で伊丹から羽田に向かった。
空港には出発30分前に自転車で到着。
手荷物検査の前に飛行機がちらっと見えてポケモンジェットが停まっていた。
「おっ、今回は初ポケモンジェット搭乗か?」と思い手に持つ検査をすまして搭乗口の方に行ったら既にポケモンジェットはいなくなっていた。
僕が乗った飛行機の一本前がポケモンジェットだったようだ。
羽田に着いたときに同じポケモンジェットが停まっていたので、、、、。
d1110koyutree1.jpg
[ついこの間マスコミに公開されたばかりのスカイツリーさん。]

5月以来の東京。
久々の東京なので、研修会の前に学生時代下宿しさせてもらっていた叔父のうちに行った。
学校から交通費をもらって支部の仕事と言えど、東京に行ける役得である。

研修会は14時からということで、それに会わせて白山に行った。
d1110koyutree3.jpg
白山校舎の新しい学食に行ってみようと思って行ったが、13時半に行ったらどこも開いていなかった。研修会開始まで30分しかないので、急いで学生時代に何度も行った白山通りの「気合いラーメン」に久々に行ってみることにした。
が、行ってみたら「気合いラーメン」は無くなっていた。それどころか、気合いラーメンのすぐ隣の白山ラーメンすらなくなっていた。
仕方なく、横浜ラーメンの店があったので、そこで横浜ラーメンを食べた。
不本意だと思ったが、横浜ラーメンは美味しかった。

14時5分前に甫水会館に到着。
ヤバい。遅刻しちゃうかもと思ったがピッタリだった。
最後の方に到着したので席がほぼ埋まっていた。
席は3人がけの席に2人で座っている感じが多かったが、2人掛けですわれるところが無かったので、前の方の席で3人がけの真ん中に座らせてもらった。
隣は、左となりは静岡の稲村幹事長。右となりは鹿児島の西元幹事長だった。
「幹事長」ってなんじゃ?と思った。
大阪府支部にそんな肩書きの奴はおらんぞ。
大阪府支部は、支部長、副支部長しかおらんのだ。
他所は違うんだな。と思った。
そもそも、実務担当者会議なので、実務担当者が出席すべき会なのである。だから、実務担当者がいる支部は実務担当者が出席しているのである。
大阪府支部に関して言えば、預金通帳を管理しているのが、「お前の名前の口座なんだからお前がやれよ。」と言われて、支部長職も会計職も今年に関しては全て僕がやっているのである。
そして、副支部長の内藤さんからは、「俺、前出席したことあるからお前行ってこいや!」と言われての出席なのである。
僕に、「支部長」と言う肩書きがついたところで、一番下っ端の後輩という事実は完全に不動なので今後ともこの扱いは永久に続きそうである。

研修会は、会計の方法などについてであった。
要するに、全て領収書を出せ。ということと、支部総会の承認前の4月20日締めで決算書類を出せ。ということが新しい決まりだった。
あとは、エクセルシートで会計書類を送るのでそれにちゃんと書き込んでやりましょう!と言うことだった。
簡単に言うとこれだけのことだったが、ちゃんと全国の担当者を集めてきっちり研修会をやってくれるところが、しっかりしていていい感じであった。
そして、大学の担当者に実際に会えて知り合えるのが、何よりもの収穫である。
本部担当者は、村瀬さん、遠山さん、豊田さん、清水さんの4人である。
はっきり言って、清水さんが可愛い!
平均年齢60オーバーと思われるこの会で、私と同年代か私より年下とおぼしき人は皆無なのである。その中で、紅一点清水さんだけは若手なのである。否が応でも目立つのである。
そして、僕も今回はとっても目立っていたのである。
だって、ただ一人ジーンズで出席なのだから。
大学に行く感覚で、ジーンズ姿で出席したら周りはほぼスーツだった。
3週間前に、藤田前支部長にあった際に「実務担当者会議って、ジーパンでいいですかね〜?」とそれとなくドレスコードを問うてみたら、「いいんじゃない。別に。」と言われたので、普通にジーパンで行ったら目立ってしまっていた。
やられた!というか、「おいしい!」といった感じであった。これで来年もジーパンで来てやるという前向きな気持ちになれた。
でも、来週の全国支部長会は恐縮してスーツでいくか検討中である。
d1110koyutree2.jpg
[円了さん。]

2時間で研修会が終了し16階のスカイホールで懇親会があった。
何となく、こっちがメインな感じでもある。
当たり前だが、交流が図れていろんな人と知り合えるのが、校友会のメリットである。
校友会に入らなければ、鹿児島の人と知り合うことも無く話をすることも無く、静岡はただただのぞみが通過するだけのところだったのだから、知り合えたことだけでも大収穫である。

懇親会が始まって、色々な人と話をしたが、鹿児島の西元さんがいろいろと気を遣っていただき助かった感じだった。
僕よりも若手はなかなかいないので、今回も敬老の会かと思っていたら、城南支部の児玉会計さんが僕よりも唯一の後輩だった。
平成14年卒だそうである。そして、同じ城南支部の関本事務局長も若手だった。
30代の人がいると話しやすい感じだった。
やっぱり、主力は30代くらいで、先輩方は君臨すれども統治せず。にならなければ活性化は無いのではないかと思っているので、同年代がいることは非常に心強く思えた。
そして、児玉さんや関本さん西元さんに事務局の清水さんを呼んで話をした。
どう考えても、既婚の猿渡君は清水さんへの果敢にアタック。うすら嫌がる清水さん。児玉さんは結婚指輪をしているので、アタックエントリーの資格無し。そんななか唯一の独身、関本さんは「私は独身です。」とアピール。
と、はっきり言って男三人が清水さんをナンパしている構図になっていた。
、、、清水さん、、、こいつらみんな最終学歴東洋大学ですよ、、、、。
ま、これはこれで楽しいひとときでした。
d1110koyutree4.jpg
[16階は素敵ですv。行きたいですね。]

清水さんに猛アタックをしている猿渡君も、大阪で今にも出産しようかという配偶者がいるので、今回は日帰りとなった。
17時半に懇親会途中で清水さんと、一方的に今生の分かれを遂げて、急いで羽田空港に向かって最終の大阪行きで帰途につきました。
帰りも、飛行機ギリギリの時間で行きも帰りもヤバヤバでした。
とはいえ、楽しい研修会でした。

来週は名古屋で全国支部長会だ!
これが終れば今シーズンの校友会の仕事のメインは終わりかも、、、、?


posted by 猿渡 at 21:36| 大阪 ☔| Comment(0) | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。